Innocent World
アニメの感想・レビューサイトです。今はハヤテのごとく!、らき☆すた、kanonなどのアニメをレビューしています。暇な時にでもぜひ見ていって下さい。よろしくお願いしますm(__)m。
プロフィール

ブレイズ

Author:ブレイズ
コメント、トラックバック(そのアニメに関係のある記事)等は大歓迎です^^。相互リンクも申し込んで頂けると嬉しいです。コメントは公序良俗に反しない程度ならば記事に関係無くてもどこに書き込んでもオッケーです。一応子供の方とかいろんな方が来るのですから・・・ね^^。まだ記事とか少ないサイトですが、どうかよろしくお願いしますm(__)m。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



あなたの好きなキャラは誰だ( ^ー゜)σ

質問 ハヤテのごとく! 人気投票
綾崎 ハヤテ (あやさき はやて)
三千院 ナギ (さんぜんいん なぎ)
マリア
桂 ヒナギク(かつら ひなぎく)
愛沢 咲夜(あいざわ さくや)
鷺ノ宮 伊澄(さぎのみや いすみ)
西沢 歩 (にしざわ あゆむ)
瀬川 泉(せがわ いずみ)
橘 ワタル (たちばな わたる)
貴嶋 サキ (きじま さき)
若本 規夫 (わかもと のりお)※天の声
その他(コメントにて好きなキャラをどうぞ^^)

コメント



- ショッピングカート -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



相互リンクサイト様

このブログをリンクに追加する



管理人のオススメアニメ一覧

<名作> まはらば~Heartful days >コードギアス 反逆のルルーシュ >瀬戸の花嫁 <良作> Air >うたわれるもの >乙女はお姉さまに恋してる >kanon(京アニ版) >ダ・カーポ(無印) >フルメタルパニック!ふもっふ <準良作> ひだまりスケッチ >桜蘭高校ホスト部 >蟲師 >canvas2 ~虹色のスケッチ~ >がくえんゆーとぴあ まなびストレート! >涼宮ハルヒの憂鬱



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キディ・ガーランド 第17話 「知らない名前」
 Gacetエルがシスコンであることが判明した回ですwww。年齢的にロリコンとも言えるね(^^;)。
 今回はク・フィーユと共に、Gソサエティの内側にスポットを当てた回です。ヴァンパイアバンドでも書いたけど、見る側にとって正義と悪は違うといった問題だね。こういう話は見栄えが良く作りやすいからか、結構アニメでも用いられる。どちらもお互いを否定してるけど、やってる事は同じ。自分の主張が正しいと信じるのはどちらも同じ。正義を語る上での矛盾・・・ですよね。やっぱり力で勝るものが正義になってしまうのが悲しい現実です。
 
 Gソサエティはガクトエルにべったりなので、どれだけいい人でもその想い・主義、主張が反映されることは無い。どれだけ丁寧に書いてもそれが話に反映されないのがつらいところですね・・・。
 
 アズランティアを爆発させることで銀河系の崩壊を目論むのがガクトエルの目的なら、時間凍結を解除しなければならない。アスクールとク・フィーユに時間を動かしてエクレール達を助ける力(才能)があるのなら、アスクールさえいればガクトエルは同じように時間凍結を解除出来るはず。15話でアスクールと真のパートナーなんだと明言している事から、ク・フィーユと同じ時間凍結能力を持つ事が分かる。しかし、空間に干渉させる能力はガクトエルには無い。だから、アスクールを手中に収める為にク・フィーユを手駒にした。今回の狙いは、「パートナーであるク・フィーユの言う事ならアスクールは耳を貸すのでは無いか?」とガクトエルは考えた、といったところですかね。最悪、ク・フィーユを盾に取れば自分に従わざるを得ない。アスクールを精神的に籠絡させる為の一石。こればっかりはトロワジェインさんと同じようにバラでさくっとやるわけには行かないですからね。 

 しかし、アスクールとク・フィーユはいつも一緒だった。時にはけんかもしたけど、お互い励まし合い、協力してきた。それを1~6話でもっとちゃんと描きたかったんだろうなと思います。アスクールvsガクトエルの洗脳といったところですね。今までの話は私は好きだったので、それがどう18話以降に活かせるかに期待したいです。

 しかし、これだけ書いたけどガクトエルがただのシスコンだという線も有り得るw。むしろ推していきたいwww。
スポンサーサイト

テーマ:KIDDY GiRL-AND - ジャンル:アニメ・コミック

キディ・ガーランドの魅力をぱきゅーんと伝えちゃうぞ!
 あまりにも流行って無いので、広めて行こうかと思います。埋もれたままでは惜しい!そんな作品になると信じています。↓が簡単な作品紹介、続きがネタバレを含む個人的なレビューです。


<あらすじ>
 伝説のESメンバーであるエクレールとリュミエールが星の輝きに消え、遥かな時が流れた星暦(スターズ・センチュリー)0379年。
※これは時間凍結事件(じかんとうけつじけん)と呼ばれ、25年前に惑星アズランティアで発生した事件。アズランティアを爆発させることで銀河系の崩壊を目論んだ犯人のガクトエルに対し、エクリプスを初めGOTTのESメンバーが総動員される事態となった上、爆発を食い止めるためにエクレールとリュミエールが全能力を開放し、自身達ごとアズランティアとその宙域の時間を凍結させた。しかし、時間は完全に止まったわけではなく、25年後の現在でもごく緩やかに流れ続けている。
 なお、この事件は公式には記録されていない。

 「Galactic Trade Organization(銀河系貿易監視機関)」の本局ビルでは、イヴェール局長の下で様々な局員達が働いていた。喫茶室「Touch&Go」(タッチ・アンド・ゴー)のウェイトレスのアスクールとク・フィーユも、その一員である。ESメンバー見習いでもある2人は、騒動を起こしたり巻き込まれたりと紆余曲折しながらも、少しずつ成長していく。「いつかは銀河系を救っちゃうんだから」を合言葉に、今日もぱきゅーんと頑張っちゃうんだから!


アスクール(Ascoeur)
声 - 内田彩
主人公の1人で、ク・フィーユのパートナー。
見習いのESメンバーで、階級(ランク)はC-。星暦0363年8月10日生まれ。「プッシュ・プル(push pull)」という瞬間移動の能力を持ち、ニードルガンやビームソードとしても使える「コーム(Comb)」という櫛型のアイテムを愛用する。
『ぴゅあ』冒頭ではトゥイードゥルディとトゥイードゥルダムを指導教官としており、見習いの第2段階としてク・フィーユとペアを組んでからは「Touch&Go」のウェイトレスとして働いている。
元気いっぱいかつ気楽な性格であるが、他人に迷惑を掛けることも多いため、「Touch&Go」や寮ではミ・ヌゥルーズによく叱られている。好物はカボチャのプリン。
右足太腿には、バラの花を模した痣がある。


ク・フィーユ(Q‐feuille)
声 - 合田彩
主人公の1人で、アスクールのパートナー。
見習いのESメンバーで、階級はC-。星暦0363年9月21日生まれ。「パルファン(Perfum)」という予知の能力を持ち、破裂させることで爆弾や煙幕など多用途に使用できる「チョコボンボン(ChocoBonBomb)」というチョコレート型のアイテムを愛用する。
『ぴゅあ』冒頭ではアンオウとエイオウを指導教官としており、アスクールとペアを組んでからは同じくウェイトレスとして働いている。
アスクールとは対照的に落ち着いた性格であるが、萌えアイテムに夢中となるなどの一面も持つ。また、我を忘れるほどお化けの類が苦手。しかし、アスクールにからかわれるとムキになり、ツンデレのような言動を取ることもある。アスクールには何かと手を焼かされてはいるものの、信頼し合える良きパートナーでもある。


[READ MORE...]

テーマ:KIDDY GiRL-AND - ジャンル:アニメ・コミック

その他冬アニメレビュー
・デュラララ!2話
このアニメは池袋をネガキャンしてるのかw?意味のあるようで実は無いナレーションが声だけ渋く進化してるし、何がやりたいのやら(^^;)。やっぱり小野D×神谷のカップリングに腐女子が歓喜する類のアニメじゃねぇかwww。俺も素直に小野Dの声に萌えとくわ(*^_^*)


・ソラノヲト3話
今回は良かった。カナタとリオの絡みはいずれあるだろうから、それを昔の記憶とリンクさせていくやり方はうまいと思う。次以降の回に活かせてこそだと思うけどね(^^;)。

・バカテス3話
水橋さんのツンデレはやっぱりいいなー(^0^)。ツンの中にも柔らかさを感じる普通とは違うツンデレ。誰でも出来る分個性が出るよね。

話のネタ自体は被せすぎで飽きるけど、その点を我慢すれば面白い。生徒会に比べれば全然許容範囲。あれは1クールまるまるおんなじ話だからなwww。

内容はダブルデート→ダブルデート→姫路からほぼ告白されたようなレベルのフラグ→男からもラブレターとリア充もビックリなフラグ立て職人( ̄〇 ̄;)。ここまてのリア充を俺は見た事がねぇw。こいつは・・・誠を超える逸材の誕生か!

・ひだまりスケッチ×2話
小堺式とオリーブの回か。原作でも美術の話どんどん減ってるからなー。カーテン買いに行く回が面白かったから楽しみかな。

・キディ・ガーランド15話
金~日付近のアニメが多すぎるwww。でもこれは良回だから書かざるを得ない
今回はGacktエルとアスクールは兄弟だったという話。前半に和む話を持ってきて、後半にシリアスな話を持ってくるバランスがグッド。それにアスクールの心情の揺れ動きがうまく表情に出ていた。ここだけは今期1だと評価したい。話もやっと盛り上がってきたし

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

冬アニメ1話レビュー一覧
・ソ・ラ・ノ・オ・ト 
 けいおん2期という風の噂を聞いて、ソラノヲトっていうアニメを初めてみました!もはや何でもありだなwww。絶対ジブリを意識してる雰囲気だな、あれは。そこに紛れこんだ唯とムギって感じ。風景とかおじさんとか、ジブリ臭がプンプンしてるだけに明らかに浮いてるあの2人www。
 アニメノチカラっていうオリジナル作るぞ!というプロジェクトは応援したいんだけど、結局どこかで見たアニメでしたというオチになりそうなんだよね。
 それにジブリっぽいせいか、終戦後の日本って感じはしないよね。何かヨーロッパって感じ。アリソンとリリアみたいな舞台背景に感じる。設定的にそれはどうなのよ?と思う。キャラ紹介もまだだし、1クールならそれもしつつ舞台背景を説明して、作品の趣旨を明確に伝えていくべき。けいおんとかにわかに受けそうな餌をバラまいて、雰囲気的に誤魔化すだけでは成功は望めない。まぁそんなんでも絶賛する人はするんだろうけど・・・。音が1つのテーマになるっぽいから、そこを中心に軸をぶらさずに話を書ききって欲しい。辛口に書いてるけど、俺は期待したアニメにしか批判はしません。期待はしています。
 後は声優さんの話。カナタは新鮮な感じでいい。画伯は芸幅狭く感じるかな。ナレーションが少し聞き取りずらい。この2人以外あんまりしゃべってないよね?


・デュラララ!!
 ベルソナ2期キターw。感想はこれってナレーターアニメだよね(^^;)。しかも情報量多すぎのようで同じ事しか言ってないという罠www。社会に対する絶望って奴に、キャラ1話入れ替わり方式で切り込んで語っていこう(キリッ!)って感じなのかな?あの戸松声の人がゲスト位置っぽい。しかしベルソナにいそうなキャラだなw。 
 しかし、あの喋る気0の厨二フルヘルはなんなんだよw。
 脚本のクドさと言葉の多さが気になるけど、内容的には惹かれるよね。DTB好きな人が好みそうなアニメって感じ。これから次第で化ける可能性はある。
 しかし神谷、小野D、宮野、福山とか腐女子歓喜の黄金の布陣じゃねw。よく集めたなw



・ひだまりスケッチ
 新入生キター!という事で、1期2期と違った感じになるか楽しみ。いきなり7月に飛んだら初々しさ0だけどなw。まぁゆの達は変わらないようで何よりだな。
 それとED曲いいね!シャフトの手抜き一枚絵を中和する春の力強さを感じる。OPに持ってきてもよかったよね。OPは進む毎にイマイチ?じゃない?(^^;)。



・おおかみかくし
 制作はAIC。何か11アイズの悪いところをそのまま出してる感じ。終始どんよりと話が進む。意味深な言葉しか話さない無口少女、主人公にやたら懐くヒロイン。パンツ飛ばしてた時の生き生きとした感じはどこに行ったの?
 気になった所は稔が1話目に散ったくらい?出落ちキャラとはいえ、はぇーよwww。



・おまもりひまり
 ゼクシズ制作(漢字あってるよね?)製作委員会の方が「製」作。ねちこいアニオタには一番指摘されやすい所だったりする。 
 糞アニメの香りが1話からぷんぷんするね。昔に我が家のお稲荷様とかいう誰得2クールアニメあったよね?そんな感じ。パンツに(だけ)は気合い入ってる。内容は幼なじみとの間に割って入る人外のヒロインというテンプレ。どこのましろとアメリだよw。キャラは・・・11eyesで見たような?(^^;)



・はなまる幼稚園
 制作はガイナックス。水島さん、何やってるんすかwww。内容も作画もガイナらしからず凄くシンプル。幼稚園という単語で拒否反応示してる人も、大人キャラが可愛いからいける。ぽてまよ好きな人はオススメ。メインロリの新堂圭さんの声が凄く合ってる。EDのセンス見るとガイナだなぁと感じる一時。俺はああいう感じの作画は好きだな。



・ダンスインザヴァンパイアバンド
 制作はシャフト。俺的に悪ノリしすぎな嫌いなシャフトだわ。1話はキャラと趣旨と雰囲気をアピールして欲しいのに、実際ヴァンパイアって所しか伝わらない。一体何するアニメなの?シャフトだから2話までは見るか。
 ヒロインの悠木さんって今期からちょくちょく見る気がするけど、プッシュ声優なのかな?特徴が無く使い回しやすいタイプみたいだけど。この名前聞くとオーガストが頭に浮かぶから覚えやすいよね(^^;)。
 しかし、今期はしょぼい・・・。生徒会の一存とかけんぷが受けてるようでは、先は暗い・・・。エロと原作力さえあれば何やってもいいとかいう風潮は良くないよね。

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

ダンス イン ザ ヴァンパイア バンド 5話 シャドウ オブ バンパイア
 日本の総理がリアルすぎて吹いたwwwww。あいつら自分の利権しか考えてないよなwww。最近で違うのは麻生総理くらいじゃない?でも国民が早漏れすぎて、理想が実現するまで待ってくれなかったけどな。少なくとも民主党と違って、言ってる事は最もでビジョンも明確だった。汚沢とか鳩ぽっぽに使う時間があるなら、麻生さんに時間やれよな。

 何が言いたいかと言うと、ミナにも引く事は出来ない思い(理想)がある。その一つの理由はバンパイアである事を止めた(ここでは人間を襲う事を止めたバンパイアのこと)バンパイアの生きる場所を与える為だけど、根底にはまだ何かあるだろう。人の為とかでは無くて自分のエゴだからこそ、強硬手段にも出るんだと思う。二ナの私情、しかも岡崎最高ーーー!の人との約束が絡んでいる可能性が高い。

 問題はそれを成し遂げる為に犠牲を恐れないか否かの違いだけ。どっちが良いかは時と場合(もしかしたら結果論)によるけど、そこが指導者として評価されるのか否かの違いだと思う。

 ここで大事なのは、善悪というのは見る人の立場、環境によって違うって事。情弱なら人の言うことを鵜呑みにしてしまうし、例え賢くても頑固な人なら周りが見えないかも知れない。広い目線からミナ・ツェベッシュのやろうとしていること、そして両方の立場から物を見れる鏑木アキラを見ていくと面白いんじゃないかな?と思います。
 
真面目な話終わるけど、最後のシーンが「呪いなんてへのへのかっぱ!」(http://blue7862q76r7167.blog73.fc2.com/blog-entry-2034.html参照)のシーンがチラついて真面目なシーンなのに笑えるんだがwww。ハハハッ、ついに俺も中村病にかかっちゃったのかな・・・orz。

テーマ:ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド - ジャンル:アニメ・コミック

ダンス イン ザ ヴァンパイア バンド 4話
 バンド設立の為に話が動き出したてきた4話。ミナ・ツェベッシュは記者会見を利用して、バンパイアの存在を確実なものと認知させ、同時に軽く脅しをかけたといったところかな。バンパイアにも人間にも二ナを良く思わない人がいて、ある意味四面楚歌。二ナに付きまとう中村悠一に嫉妬で襲いかかるバンパイアもいて、それも二ナのせいと思われ、印象は悪くなるばかり。
 
 俺らが韓国人がみんなワールドカップとかのような腐った事する奴らだと思うのと同じだよね。2、3割くらいは洗脳教育に騙されないいい人もいるかもしれないのにね。
 
 二ナも存在を認める人には歩みよるけど、それ以外には容赦しない。お互い自分達の利益を優先してるものだから、所詮話し合いも水かけ論なんだよね。核廃絶も日本にはデメリットが何も無いから色々言えるけど、ロシアとか核持ってるから国際的に強く出れる面もある訳で難しいよね。それと一緒だと思う。そして5話に繋がる訳ですね。

テーマ:ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド - ジャンル:アニメ・コミック

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 2話
 やっぱりシャフトはやれば出来る子!いつもいらん事しなければいいのにね。特に文句言う事無いアニメは初めてじゃない?個人的に1話は飛ばしてもいいと思ってるんで、2話から感想を書いていきます。

 話はヴァンパイアの女王ミナ・ツェベッシュが何かを成し遂げる為に人間界に姿を表した。しかし、それによって不利益を被る輩が色々襲ってくる。その争いに巻き込まれたイケメンが覚醒して阿修羅を凌駕する存在になってミナを助けたというありがちと言えばありがちなお話。というか1話で雑魚を瞬殺してた女王様はどこに行ったwww。何が「あきらーー!」だよw。

 ヴァンパイアだから恥ずかしくないもん!って事で規制無しなのもグッド何とは言わないけどドラマCD状態なアニメ辺りは見習って欲しい。乙女座の人とミナの過去に何があったのかとか、ミナの目的はこれからって所だね。しかし話の掴みに記憶喪失を使う作者ほんとに多いなw。話が進む内に明らかになっていく過去とか、特に主人公側から見せていけば展開的に簡単に綺麗になるから仕方無いのかな?

 OPはカバー曲だよね。結構昔の曲だったと思うけど凄く好きな曲なんだよね。動く所は動いて、ニートする所は止め絵をパカパカ変えるシャフトらしいいいOPだよね。嫌う人もいるけど、結局は結果がいかに良く見えるかだよね。踊りよりもポーズがいいよね。

 今の所は新アニメで一押しなので、興味ある人はダンスインザヴァンパイアバンドを(2話からでいいんで)どうですか(^0^)/。



OPは懐かしいよね。これもなかなかだと思います。

テーマ:ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド - ジャンル:アニメ・コミック

パソコンを買いました
ということで少しずつ記事を復活させていきます。暇な方はご覧下さい。




  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。