Innocent World
アニメの感想・レビューサイトです。今はハヤテのごとく!、らき☆すた、kanonなどのアニメをレビューしています。暇な時にでもぜひ見ていって下さい。よろしくお願いしますm(__)m。
プロフィール

ブレイズ

Author:ブレイズ
コメント、トラックバック(そのアニメに関係のある記事)等は大歓迎です^^。相互リンクも申し込んで頂けると嬉しいです。コメントは公序良俗に反しない程度ならば記事に関係無くてもどこに書き込んでもオッケーです。一応子供の方とかいろんな方が来るのですから・・・ね^^。まだ記事とか少ないサイトですが、どうかよろしくお願いしますm(__)m。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



あなたの好きなキャラは誰だ( ^ー゜)σ

質問 ハヤテのごとく! 人気投票
綾崎 ハヤテ (あやさき はやて)
三千院 ナギ (さんぜんいん なぎ)
マリア
桂 ヒナギク(かつら ひなぎく)
愛沢 咲夜(あいざわ さくや)
鷺ノ宮 伊澄(さぎのみや いすみ)
西沢 歩 (にしざわ あゆむ)
瀬川 泉(せがわ いずみ)
橘 ワタル (たちばな わたる)
貴嶋 サキ (きじま さき)
若本 規夫 (わかもと のりお)※天の声
その他(コメントにて好きなキャラをどうぞ^^)

コメント



- ショッピングカート -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



相互リンクサイト様

このブログをリンクに追加する



管理人のオススメアニメ一覧

<名作> まはらば~Heartful days >コードギアス 反逆のルルーシュ >瀬戸の花嫁 <良作> Air >うたわれるもの >乙女はお姉さまに恋してる >kanon(京アニ版) >ダ・カーポ(無印) >フルメタルパニック!ふもっふ <準良作> ひだまりスケッチ >桜蘭高校ホスト部 >蟲師 >canvas2 ~虹色のスケッチ~ >がくえんゆーとぴあ まなびストレート! >涼宮ハルヒの憂鬱



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この青空に約束を― ~ようこそつぐみ寮へ~ 第13話「約束の日」
正直に言おう。

このアニメ無かった事にしたいんですが、ダメですか?

ダメですか、そうですかorz。

でも原作ファンとしては、現実を直視してレビューしておかねば!という事で最後の気合を振り絞ります!


まずAパートは凛奈の合わせ石の話ですね。凛奈の声が良かったです^^。他に褒める所無いけどどうしよう・・・(汗)。ぶっちゃけ卒業式に1話丸々使って感動の卒業式を演出して、少しでも汚名を挽回するべきだったとそう私は思います。まぁ今更頑張っても遅いですが・・・。少なくても私はこの話を持ってくるメリットを感じませんでした。


Bパートは、つぐみ寮の卒業式の話です。
BGMは最高でした^^。キャラの声も良かったです。映りゆく景色の中で~同じ道を歩いて来た~は感動です^^。頑張れ、俺!見てはダメだ!曲に集中するんだ!耳を澄ませるんだ!せっかくここまで頑張って見て来たんだ!せっかくの感動が薄れて・・・うわぁー!

ちくしょー!最後までキャラの顔(作画)で泣かせてくれるぜorz。

これは涙が止まらない(゜ーÅ) (いろんな意味で)。というか回想シーンをジャマに思った最終回は初めてですよ・・・(汗)。特に静の回想シーンはもう少しマシな箇所を選ぼうよ・・・。あの涙の量はおかしいってスタッフは一人くらい思わなかったのかな?
そして回想シーンもやっと・・・やっと終わり、今度は何をしでかすんだ?と不安10割で見ていると、

歌っている顔がヒデエ~!!!orzorzorzorzorz。

最後にギャグ持ってくるか、常識的に考えてorz・・・。

ってそうこうしている内にいつものEDが始まりました。・・・えっ?ED?

ただでさえ詰め込み過ぎな最終回にED?

ふざけんじゃねぇよ( ̄  ̄メ)

どう考えても無くて十分だろ!ただでさえ1クールで時間が無いって自覚が少しでもあるんだったら、OPとEDと合わせ石諸々を削ってでも「約束の日」を演出するってのが仕事ってもんじゃないのか?最後のつぐみ寮の卒業式が原作でどれだけのウェイトを占めているか分かってるんだろ!これじゃあ何でタイトルが「約束の日」なのかすら分からねぇよ!


そこで少し説明します。なぜタイトルが「約束の日」かという理由は、航達の別れは一年前から決まっていた事だから。その日が今日の卒業式、約束された別れ・・・だから「約束の日」と呼ばれているのです^^。
そして各ヒロインのエンドでは、いつか必ず再開する事を別れの日に約束します。その再開を約束した日を、「約束の日」と解釈する事も出来ます^^。アニメ版は誰とも恋人とならないバージョンですので、各ヒロインエンドとは約束の日が少し違う捉えられ方をしているんですよね^^。


そして「この青空に約束を」という作品は、6人の寮生+先生が一年間で寮の皆と別れる事を知って、その事に納得いかなくて、もがき苦しんで、葛藤して・・・でもいつかは別れが来る、前に進まないといけないんだという事を分かってはいるんだけど・・・、でも別れは辛くて・・・。
こういう寮生の心情を原作は時間をかけて丁寧に描いていて、それを見るからこそ素晴らしい感動が生まれるのです。
アニメ版を見ていると、それがまるで出来ていない。正直ダイジェストより酷い。そして卒業式も原作そのまま・・・いや、明らかにそれ以下の出来です。
尺が足りないという言い訳だけはして欲しくない。1クールであってもそれなりの物に仕上げようと思えば仕上げられたはずです。これがプロの仕事だとは、私は今までアニメを見てきた中で、一番裏切られた気分です!


・・・気を取り乱してすいませんでしたm(__)m。作画が悪いだけだったら私もしょうがないなぁ・・・って黙って見てたと思うんですよ。でもこの作品のスタッフはあまりにもやる気が感じられないんですよ。そして私はこのアニメを全否定していますが、声優の方は全然悪く無いと思います。いい仕事をしてくれたと思っています。実際、最後まで見れたのも声優の方々のおかげだと私は思っています。茜だけは少し残念でしたが、それは些細な事です。声優の皆さん、本当にお疲れ様でしたm(__)m。


そして今回のアニメで得た結論としては、やる気が無くてはいいアニメは出来ない。やりたく無い仕事はやるべきでは無いの一言に尽きると思います。この青空に約束をは非常に残念でしたが、これ以上同じ惨劇を繰り返さないように他の制作会社の人には本当に頑張って欲しいなぁと心から願っています。


今日の駄レビューを最後まで見て下さってありがとうございましたm(__)m。これからもどんどんいい作品を紹介していきたいと思いますので、これからもよろしくお願いしますm(__)m。





↑このアニメを見たけど、原作を知らないという方々はぜひ↑を見て格の違いというやつを味わって下さい^^。時間の無い人は後半からどうぞ^^。でも出来たら全ルート(特に海乙、凛奈、会長)をクリアしてから見て欲しいです。


http://daigamer.moryou.com/interactive_manzaianime/interactive_manzaianime.html
(↑私のレビューより面白く、キャプ付きで感想を書いているサイト様です。もしよろしければ参考にして下さい。)


スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://animi427.blog89.fc2.com/tb.php/101-fefeb7f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レビュー・評価:この青空に約束を ようこそつぐみ寮へ/第13話 約束の日

品質評価 47 / 萌え評価 5 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 5 / シリアス評価 29 / お色気評価 17 / 総合評価 18レビュー数 17 件 3月21日午後3時。高見塚学園つぐみ寮に1人の教師と6人の生徒が集まる。ただ別れを惜しむそのためだけに・・・。この青空の下でかわした約束 ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン【2007/07/09 16:18】

この青空に約束を 最終回

最終回結局最後まで見てしまったww最終回です。 主婦Yのアニメ話~ Y no Anime【2007/07/08 05:18】

この青空に約束を― #13「約束の日」感想

他に感想書くアニメもなかったし最終回という事で感想を書いてみるこの時期は改変期だから仕方ないな。Aパートはいらんかったなぁ・・・話の流れが悪くなった気がするBパートはこの作品が伝えたかったモノいいんじゃないでしょうか卒業ってテーマは泣けますよ(ノ∀`)これ サブカルなんて言わせない!【2007/07/07 17:32】

この青空に約束を― ~ようこそつぐみ寮へ~ 第13話「約束の日」

「約束の日」 The Promised Day全てはこの日のために。 Hiroy's Blog【2007/07/07 06:23】


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。