Innocent World
アニメの感想・レビューサイトです。今はハヤテのごとく!、らき☆すた、kanonなどのアニメをレビューしています。暇な時にでもぜひ見ていって下さい。よろしくお願いしますm(__)m。
プロフィール

ブレイズ

Author:ブレイズ
コメント、トラックバック(そのアニメに関係のある記事)等は大歓迎です^^。相互リンクも申し込んで頂けると嬉しいです。コメントは公序良俗に反しない程度ならば記事に関係無くてもどこに書き込んでもオッケーです。一応子供の方とかいろんな方が来るのですから・・・ね^^。まだ記事とか少ないサイトですが、どうかよろしくお願いしますm(__)m。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



あなたの好きなキャラは誰だ( ^ー゜)σ

質問 ハヤテのごとく! 人気投票
綾崎 ハヤテ (あやさき はやて)
三千院 ナギ (さんぜんいん なぎ)
マリア
桂 ヒナギク(かつら ひなぎく)
愛沢 咲夜(あいざわ さくや)
鷺ノ宮 伊澄(さぎのみや いすみ)
西沢 歩 (にしざわ あゆむ)
瀬川 泉(せがわ いずみ)
橘 ワタル (たちばな わたる)
貴嶋 サキ (きじま さき)
若本 規夫 (わかもと のりお)※天の声
その他(コメントにて好きなキャラをどうぞ^^)

コメント



- ショッピングカート -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



相互リンクサイト様

このブログをリンクに追加する



管理人のオススメアニメ一覧

<名作> まはらば~Heartful days >コードギアス 反逆のルルーシュ >瀬戸の花嫁 <良作> Air >うたわれるもの >乙女はお姉さまに恋してる >kanon(京アニ版) >ダ・カーポ(無印) >フルメタルパニック!ふもっふ <準良作> ひだまりスケッチ >桜蘭高校ホスト部 >蟲師 >canvas2 ~虹色のスケッチ~ >がくえんゆーとぴあ まなびストレート! >涼宮ハルヒの憂鬱



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「BS-i版Kanon」の感想集計アンケートの結果から見たkanon
てりぃさんのブログで行われていたKanonの投票結果がついに出ましたO(≧∇≦)O。という事でこのサイトも何か出来ないかと言うことで、Kanonの「BS-i版Kanonの各話への評価」について私なりに解析したいと思います。(苦情が来たらすみやかに消しますm(__)m。)この項目を調べる事によって、どのシナリオの評価が高かったかが分かると思います。とりあえず1位~5位を統一しない事には比べづらいので、
         +  - 
1位、・・・・・・3点 2点
2位、3位・・・2点 1点
4位、5位・・・1点 1点

↑の数値処理を行った上で解析していきます。↓が結果です。

(ラスト)最終話「夢の果ての追復曲~kanon~」
(名雪) 第23話「茜色の終曲~finale~」
(名雪) 第22話「追想の交響楽~symphony~」
(名雪) 第21話「君のいない輪舞曲~ronde~」
(あゆ) 第20話「別れの夜想曲~nocturn~」
(あゆ) 第19話「ふれあいの練習曲~etude~」
(栞)  第18話「消え去りゆく緩徐楽章~adagio~」
(栞)  第17話「姉と妹の無言歌~lieder ohne worte~」
(栞)  第16話「真夜中の聖譚曲~oratorio~」
(舞)  第15話「かくれんぼの小奏鳴曲~sonatine~」
(佐祐理)第14話「ひびわれた協奏曲~concerto~」
(舞)  第13話「あぶなげな三重奏~trio~」
(舞)  第12話「異形の円舞曲~waltz~」
(舞)  第11話「光と影の間奏曲~intermezzo~」
(真琴) 第10話「丘の上の鎮魂歌~requiem~」
(真琴) 第9話「子狐の子守歌~berceuse~」
(真琴) 第8話「追憶の幻想曲~fantasia~」
(真琴) 第7話「家出と仔猫の遁走曲~fuga~」
(真琴) 第6話「謎だらけの嬉遊曲~divertimento~」
(導入) 第5話「魔物たちの小夜曲~serenade~」
(導入) 第4話「休日の奇想曲~caprice~」
(導入) 第3話「記憶のない組曲~partita~」
(導入) 第2話「雪の中の入祭唱~introit~」
(導入) 第1話「白銀の序曲~overture~」


kanonの評価
最高! 163 (51.4%)
良かった 121 (38.2%)
普通 20 (6.3%)
悪かった 8 (2.5%)
最悪! 5 (1.6%)
合計 317 (100.0%)

支持者    89.6%
中立     6.3%
不支持者  4.1%


各話の評価順位リスト
順位   話数   +   -
 1位 10話 438   4
 2位 24話 351  58(1位) 
 3位 23話 289  34(3位)
 4位 18話 223  19
 5位 14話 135   2
 6位 17話 127   2
 7位 15話 124  19
 8位  1話 114   7
 9位  9話  87   4
10位 12話  65   4
11位 22話  58  14 
12位 16話  53   2
-------------(中央ライン)-------------
13位 21話  49  16
14位 20話  40  10
15位  7話  34   6
16位 13話  29   3
17位 19話  27  43(2位)
18位  8話  16   3
19位  6話  14   4
20位  2話  13   6
21位 11話  13  14
22位  3話   8  17
23位  4話   6  12
24位  5話   4   7



各シナリオ別の評価人数リスト
               +(人)  -(人)
導入部(5話)          87   36
真琴シナリオ(5話)     273   17
舞シナリオ(5話)      213   32
栞シナリオ(3話)      227   17
あゆ・名雪シナリオ(5話) 255  101 
最終回            168   35



↓が考察です。



てりぃさんのサイトでは良い印象と悪い印象が別々に載っていましたが、並べる事によって賛否両論な回が分かり、そして両方低い場合は印象が薄いと判断する事が出来ます。わざわざ任意なのに悪いと票を入れたからには、それなりの理由があると見て解析してみます。


まず真琴のラストの評価がトップで、批判もされていないというまさに理想的な結果です。各シナリオの締めは必ず批判がある所を真琴だけは無いに等しいです。Kanonナンバー1の評判と言ってもいいですね。9話から盛り上がって来て、10話の真琴との結婚式・・・そして消えてしまう真琴・・・という場面に涙を誘われた方が多かったんでしょうね^^。


そして次に+評価だけ見れば23話~最終回の評価が次点なのですが、批判意見も全体の11%とかなり多いです。これは最終回の奇跡の乱発とも取れるような展開を良しとしない方が多かったという事ですね。ここに批判が集中したという事は、Kanonの出来を悪いと評価した方の理由の1つとして、「最終回の締めくくり方に納得がいかない」点が挙げられると思います。
しかし+評価も群を抜いて多いので、kanonの最大の賛否両論なポイントは、「ラストの締め方」であるという事ですね。奇跡の起こり方についての投票結果を抜粋して見ますと、

「奇跡の起こり方について」
大変満足した 94 (29.7%)
一応納得できた 145 (45.7%)
可もなく不可もない 31 (9.8%)
もやもやする気持ちが残った 33 (10.4%)
我慢できないほど不満 6 (1.9%)
よくわからなかった 8 (2.5%)
合計 317 (100.0%)

12.3%の方が何らかの不満を持っている事が分かります。これは最終回に悪い印象を持ったという方の比率と極めて近い数字です。この事からも奇跡の起こり方についての不満が、そのまま最終回への不満の数字に反映されたという事ですね。まぁ万人に認められるラストを作るのは不可能ですから、他の70%強という多くの方々に認められたという点では成功したと言えると私は思います。


後はシナリオ毎に見ていきます。導入部分は、1話目は作画の凄さに引き込まれて印象も強いけど、後は登場人物の紹介面が強いので印象が薄いといった所ですね。


舞シナリオではだいたいラストの評価が一番高いのが普通なのに、佐祐理さんの過去話の評価の方が高いです。これは、佐祐理さんの過去話、佐祐理さんの存在が入った事によって、舞シナリオが良い物になったと視聴者は評価したのだと思います。舞の話単体では実は自分で自分を傷付けていたのだ・・・とか何か良く分かりませんでしたもんね。佐祐理さん無くして舞シナリオは語れません^^。


栞シナリオの評価は全体的に高めですね。終わり方に不満は多少あったようですが、香里が栞の存在を受け入れる、そして祐一に無言でさようならをするあのラストまでの繋ぎは感動物でした。18話は私が一番好きな回です^^。


あゆ+名雪シナリオは、悪い評価ならダントツでトップです。でも良い評価もそれなりに多いです。19話の批判件数が飛びぬけていたので、何があったかと思い調べてみたら、

名雪、お前好きな人っているのか?

あの全米を揺るがした爆弾発言+名雪差し置いてあゆといちゃいちゃな回でした^^。これは全国のナユキストの組織票なのか( °o°)、とか思ってみたりしています^^。
そしてあゆが消えてから+評価が上がり始めています・・・(汗)。あゆは邪魔者なのか^^、うぐぅorz。特に23話の名雪の名台詞、

「祐一、私強くなるよ!頑張ろう、祐一。ふぁいと!だよ^^」

この名雪の言葉に感動した人は多いはず^^。


<結論>
舞シナリオの評価が少し低いが、後のシナリオは平均して大体同じ位の支持率です。ただ、あゆ・(特に)名雪の扱い関連で不満を持っている人が結構多く感じました。
今回はKanonを各話毎に解析して見ましたが、全体的な出来はすばらしいの一言に尽きます。間違いなく今年の5本の指に入る力作です。少しゆったりしすぎた感はありましたが、原作の特徴という点から考えると止むを得なかったのかもしれません。低評価だった前半にもう少し見所を作れれば言う事は無かったですね。
てりぃさんは、投票者が偏っていて正確なデータがではないかもしれないと仰っていましたが、去年のDVD売り上げ4位(ギャルゲー原作ではダントツ1位)とデスノートを超える売り上げを見せている所からもkanonが支持されていることは明白な事実です。この結果に自信を持っていいと思いますよ^^。


アニメ調査室(仮)様で行われている2007冬期(1-3月期)終了作品の人気投票ではKanonは第2位でした。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://animi427.blog89.fc2.com/tb.php/71-02dce445
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。